佐藤 勝彦(さとう かつひこ)


略歴


1940年旧満州大連に生まれる。
1947年7歳で岡山へ引き揚げる。
1960年無理がたたり,重度の結核になり入院。病院で友人の死に出会う。
そのときから生きる喜びを知り,プラス思考になる。
1963年鳥取大学卒業。
中川一政、辻村史朗に共鳴する。
奈良の私立小学校の教師となる。
教わるべき小学生に『物づくり』を学び,創作意欲が湧く。
1975年文化出版局・季刊「銀花」に挿入の8万枚の肉筆画を描き話題となる。
以降猛烈な勢いで絵を描き,陶を焼き,絵つけをする。
日本国中で千回もの個展を催し,現在に至る。
2003年第79回東京箱根間往復 大学駅伝競走公式ポスター作品制作
著書:「ありゃせん・ありゃせん」「こころの書」(文化出版局)他多数。
NHK教育テレビ「こころの時代」、テレビ東京「美に生きる」出演他。


紹介

「不思議やなあ」。レントゲンの写真を見て,医者はスットンキョウな声を出した。しばらくして,ぼくは退院し,大学へ復帰した。ぼくは,自分は自分であればいいと思った。ぼくの命は宇宙一,世界一,日本一だと思った。

このままで,恵まれたる命をいただいているんだから,ぼくは,ぼくの描きたいように描けばいい,生きていることの喜びを,どんな描き方であってもいい,ぼくが,ぼくであるように描けばいい,ぼくはこんな絵画哲学を身につけて帰ってきた。 佐藤勝彦



所有作品


こちらの作品は、すぐにご提案可能でございます。
e-mail:info@planup.co.jp または TEL:03-3444-3199
までお気軽にお問合せ下さい。
■インターネット・お電話でのクレジット決済も承っております■
 <ご注意>受付のタイミングにより売約済の場合は、ご了承下さいませ。

絵画はすべて黒縁額入りです。

■軸


No.1 猿

No.2

No.3

■20万円サイズ(139×74cm)


No.1 魚

No.2 魚

No.3 地蔵

■18万円サイズ(125×65cm)

No.1 地蔵

No.2 花

No.3 花

■16万円サイズ(103×68cm)

No.1 不二

No.2 蓮
 

■13万円サイズ(115×40cm)

No.1 不二

No.2 花

No.3 不二

■10万円サイズ(75×55p)

No.1 不動

No.2 不動

No.3 蓮と魚

No.4 魚

No.5 魚

No.6 童

■9万円サイズ(95×32p)

No.1 梅

No.2 梅

No.3 梅

No.4 不二
   

■8万円サイズ(59×47p)

No.1 花

No.2 不二

No.3 鶴

■7万円サイズ(55×42p)

No.1 金太郎

No.2 魚

No.3 梅うぐいす

No.4 花
   

■6万円サイズ(75×22p)

No.1 魚と蓮

No.2 地蔵
 

 

個展情報

―ニューヨーク凱旋展― 佐藤勝彦・書画陶展

2008年12月10日(水)〜2009年1月11日(日)
ニューヨーク凱旋展である本展では、彼の地を沸かせた仁王像をはじめユニークで印象的な作品が並びます。激動の年を締めくくり、新たな年を元気に迎えるに相応しい、応援歌のような展覧会になります。
詳細はこちらから

 佐藤勝彦展

2008年2月8日(金)〜2月23日(土)
海外からの強いラブコールで、今春ニューヨークでの個展を決定。今回一穂堂では 前哨戦として、大作の不動明王と仁王像を中心に描いていただきました。アンコールの声に応えて届いた大作は、ニューヨークで大きな風を起こすことを予感させる作品の数々です。
詳細はこちらから

佐藤勝彦展 生きるメッセージの書・画・陶

200712月20日(木)〜2008年1月19日(土)
「自分がたのしく、うれしく、ありがたく生きるために、祈って、仕事をしている」佐藤の作品には、その思いが満ち 溢れています。豊かで伸びやかな線は、好きなことしかしない彼の生き方そのもの。今回一穂堂では、生きるメッセージとも言える佐藤勝彦氏の書・画・陶の世 界が展開されます。
詳細はこちらから

佐藤勝彦まつり 秀作の書・画・陶

2006年12月14日(木)〜12月24日(日)
今回一穂堂では、心温まる佐藤勝彦氏の書・画・陶の作品で今年の最後を締めくくり、新たな年を元気に迎えていただきたく、応援歌のような温かさ漂う展覧会を開催いたします。
詳細はこちらから

佐藤勝彦 書画陶展

2005年12月22日(木)〜2006年1月15日(日)
今回一穂堂では、心温まる佐藤勝彦氏の書・画・陶の作品で今年の最後を締めくくり、新たな年を元気にお迎えいただきたく、応援歌のような温かさに満ちた展覧会を開催致します。
詳細はこちら

佐藤勝彦 書・画・陶展

2004年11月8日(土)〜2005年1月16日(日)
しばらくお待ちください

書・画・陶展

2003年12月12日(金)〜2004年1月12日(月)
今回一穂堂では、心温まる佐藤勝彦氏の書・画・陶の作品で年を迎えていただきたく、年末年始の時期に展覧会を開催いたします。息づかいが聞こえてきそうな来年の干支「猿」も登場します。
詳細はこちら

2003年 箱根駅伝公式ポスター制作記念 書・画・陶展

2002年12月12日(木)〜12月25日(水)
2003年1月2日(木)〜1月21日(火)
「前へ前へ ただただ前へ 信じて前へ 迷わず前へ」というメッセージは、箱根駅伝を走るランナー達へ、彼らを応援する人々へ、そして元気と勇気を失いかけている日本中の人々のもとへと届けられます。
詳細はこちら

書・画・やきもの展

2000年12月21日(木)〜2001年1月8日(月)
いよいよ21世紀です。近年のIT革命は私たちの想像の枠から外れて世の中が変化しています。たとえどんな世界になっても絶対変わってほしくないもの...。人の優しさ、人の手のぬくもりです。一穂堂の新年は佐藤勝彦さんに元気をいっぱいいただきます。
詳細はこちら

天空に舞う龍・2000年を祝う

1999年12月25日(土)〜2000年1月16日(日)
辰年生まれの勝彦さん。生命のありがたさを絵ややきもので表現しつつ,人々に元気を与えつづける勝彦さん。日本は大丈夫。2000年万歳。
詳細はこちら

佐藤 勝彦展

1998年9月17日〜9月28日
しばらくお待ちください

佐藤 勝彦展

1997年12月14日〜1997年12月25日
しばらくお待ちください

佐藤 勝彦展

1996年11月8日〜1996年11月20日
しばらくお待ちください



リンク








ご質問は e-mail:info@planup.co.jp または TEL:03-3444-3199 まで お気軽にお問合せ下さい。